Cryptowisserによると2020年に75の暗号交換取引所が閉鎖

Cryptowisserによると2020年に75の暗号交換取引所が閉鎖

2020年10月5日、主要な暗号資産サービス比較サイトであるCryptowisserは、

暗号資産交換取引所の閉鎖リストを発表。

詳細なページでは一覧表示して説明し、不安定で競争の激しいクリプト業界についての洞察を提供している。

昨年から56%程度の閉鎖暗号資産取引所が増加し、一般的には業界は目覚ましい成長を続けている側面もしばしば注目されているが、暗号交換業界は競争、飽和状態、そして増加する規制に直面している。

彼らの報告によると、暗号交換は、自発的なシャットダウン、ハッキング、詐欺、および政府によるシャットダウンなどが原因となっている。

NLexchと呼ばれるオランダの取引所は、ほんの数週間前(2020年9月1日)に閉鎖を余儀なくされ、次のように説明を出している。

「DeNederlandscheBank [NB:オランダの中央銀行]は、すべての暗号通貨ビジネスがそれらに登録する必要があることを要求しました。登録は必須とみなされ、従わない企業は国内での事業を閉鎖せざるを得なくなります。プロセス全体で請求される料金は非常に高いです。必要なレベルのセキュリティ、サポート、テクノロジーを提供するためのコストは、私たちだけでは経済的に実現可能ではありません。」

今後新しい取引所が増え業界が繁栄するためには、市場に出ていない何らかの独自のエッジが必要であるのかもしれないです。

暗号資産カテゴリの最新記事

PAGE TOP