暗号通貨交換業者Diginexは、ナスダックでの上場と取引の開始を発表しました。

暗号通貨交換業者Diginexは、ナスダックでの上場と取引の開始を発表しました。

デジタル資産金融サービス会社のDiginexLimitedは木曜日、Nasdaqに上場している特別目的の買収会社である8i Enterprises AcquisitionCorpとの取引を完了したと発表。

Diginex Limitedは、ナスダックでティッカーシンボル「EQOS」で取引され、投資家にデジタル資産投資を機会を提供している。

この発表は、会社のワラントがティッカーシンボルEQOSWで取引されることを追加しています。

「ナスダックで暗号交換を行う史上初の企業の上場により、デジネックスと暗号通貨業界の両方にとって分水嶺の瞬間です」とデジネックスのCEO、リチャード・バイワースはコメント。 「これはまた、米国の資本市場で取引する人がデジタル資産エコシステムの株式を直接購入する最初の機会を提供し、金融機関がデジタル資産がもたらす巨大な機会に参加するための扉を開きます。」

Diginexグループ傘下には、暗号通貨取引所Equos.io、デジタル資産取引テクノロジープラットフォームDiginex Access、デジタル資産管理プロバイダーDigivault、および投資管理ビジネスBletchley Park AssetManagementが含まれる。

ナスダックに上場する初のケースとなるだけに今後の業界を牽引する役として主導権を握れるかに注目したいと思う。

暗号資産カテゴリの最新記事

PAGE TOP